上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
明日コミケ当日!
西地区 西1ホール“も”ブロック-38a
よろしくお願い致します。!
頒布本の内容説明はこちらから!!

新刊『MEMORY WARS Another Ending』よろしくお願い致します。
MEMORY WARS Another Ending

さてさて。

近況報告
こんにちは。しらたきです。
コミケの前日更新とかホントにふざけんなって自分でも思いました。
ごめんなさい……。来年はもっとブログ更新しよう。

「緑の大地」のサイトTOPに、公開予定の「ウォーズな日々DSオリジナル2」の
プロローグをアップしました。

来年はまずこれを連載する予定ですので、よろしくお願い致します。

では。今年おさめの脱力漫画です。
今年の脱力漫画おさめ1

今年の脱力漫画おさめ2
来年は銃器の知識をもう少し勉強しなくちゃなあ。


追記で拍手返信。
スポンサーサイト
2010.12.28 Tue l コミケの話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
くそォ!
モンハン3rdやってやがるのはオマエか! オマエか!!
できねんだよ!
やれねんだよ!

冬コミ原稿が終わったらたっぷり相手してやるから首洗って待ってろ!!
目下作業中1
……こんばんは、しらたきです。
いよいよ作業がいっぱいいっぱいになってきました。

新刊「MEMORY WARS Another Ending」の表紙はこんな雰囲気です。
目下作業中2
これから塗ります……。

それでは。

ええと、だいぶ遅くなってしまいましたが、
今日の妄想。キャット編、完結です。どうぞ。





今日の妄想。番外編!
イーグル+女性キャラで妄想してみよう。

act4「キャット編」つづきのつづき。




沈黙のまま10分が過ぎた。

ハンナと連絡をとったキャットいわく、警備会社の担当員が到着するまで、
俺たちはこのまま過ごさなければならないらしい。
耳障りな警報音がずっと鳴っている。キャットがもくもくとやっている携帯型
ゲーム機の音も不快だ。
俺の苛立ちは増すばかりだった。今日はろくなことがない。

「そういえばさあ」
座り込んでいるキャットが突然話しかけてきた。
「どうして写真展から逃げたの」
「逃げたわけではない」
「でも、あたしより先に出てきてた」
「入る気がおきなかっただけだ。貴様は逃げたのかもしれんが、俺は違う」
俺は横目でキャットを見た。視線はゲーム機から離れていない。
「あたしと同じよ」
「違う」
「見たくもないものから逃げたんでしょ」
眼が合った。しばらく睨み合う。
俺のどこかで何かが煮えたぎった。だが、同時に考えたくもない思いが出てくる。
似ているのだ。

「あっ、やばいっ」
キャットが再びゲーム機に目を落として硬直が解けた。
「あーあ。なんでこんなとこ来ちゃったのかなあ~」
ほぼ同時に、同じ言葉を思い浮かべていた。
「アンタも、ハンナに騙されてたんだっけ。キャハッ」
ため息をつきながら腕時計を見た。俺の返事を待たずにキャットはしゃべり続ける。
「まったくハンナに付き合うと、ろくなことになんないよね~」
同感だな、と心の中で答えた。

沈黙が戻る中で、ふと、逃げた、という単語に引っかかりを感じた。エレベーターの
前で泣き出したキャットの姿を思い起こす。
俺は逃げたわけじゃない。あの場にいるのが気に食わなかっただけだ。
なぜハンナは、わざわざ俺を騙してまで、あの写真展に連れてきたのだろう。
カメラに気を使った数週間。あの頃のグリーンアースの匂いが甦る。

エレベーターから解放されたのは、それから15分後だった。


「イーグル!」
俺たちを出迎えたのは、ハンナだけではなかった。無精ひげの痩せた男。
「ああ。こんなことになって申し訳ない。会えて本当に嬉しいよ。あのとき、キミの
 機嫌を損ねてしまったのがずっと気がかりで」
以前よりもこけた頬が不健康にやつれた印象を抱かせたが、眼に宿るものは
あの時となんら変わりない鋭さを持っていた。写真家にしておくのは惜しいくらいだ。

「あの頃よりも少し、背が伸びたかな?」
俺に対する態度も変わらない。
「おいハンナ。なぜこんなことをしたんだ?」
「あら。キャットには、きちんと親睦会だって、言ったのよ」
「げええ」
携帯型ゲーム機と黙って向かい合っていたキャットが、ロビーのソファから飛び
上がる勢いで声を出した。
ハンナがくすりと笑った。
「私たちの親睦会は、これからが本番よ」
「マジ?」
「彼の話は、あなたのためになるわよ。セッティングもしてあるわ」
「げげ」
ふいにキャットと眼が合ったので、視線をそらした。写真家はにこにこ笑っている。

やはり俺たちは、ハンナに騙されたのだ。
だが、こうでもされなければ、あの写真展に行くことはなかったとも思う。
「さあ移動しようか。僕の部屋へ案内するよ。キミに見て欲しい写真があるんだ」
俺も逃れることはできなそうだな。
浮かんだ様々な思いを抱えた結果、俺から出たのはこの一言だった。
「フン」






おしまい


イーグルと相性の悪いキャットは、絡ませるのがなかなか難しい素材ですが
共通点は多々あるんですよね。妄想して楽しかったです。
書き上げるまでに長く時間をかけてしまって申し訳ないです。


次回!

今日の妄想。番外編!
イーグル+女性キャラで妄想してみよう。
act5は「アスカ編」の予定です。


では作業に戻ります……
ねみぃ


追記で拍手返信。
2010.12.04 Sat l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。