上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、しらたきです。

「今日の妄想。キャンドル編、つづき」のアップが遅くなってごめんなさい。
アスカ編、キャンドル編、完結です。
長いので追記に畳んであります。続きを読むをクリックしてお楽しみください。

さて。
8月31日。夏もそろそろ終わり、って感じですね。
夏は終わるけれど、ぼくの自走砲はキミのおかげでずっと補給済みだよ
なんつってな。
……すみません。

あー、アプリゲーでウォーズが出ないかなあ。
ポケモンがヒットしたんだもん、どこかのアメリカベンチャー企業が
ウォーズのソフトも作ってたりしてさ。

そしたら、とりあえずダウンロードしてコミケにサークル参加するわ。

出てもコンバットだったりしてなあ。
イーグルいないなら課金しねえなあ。

やっぱね、私、思うんです。
イーグルもかわいいけど、F15戦闘機もかわいいなって。
こっちもイーグルなんですけどね。
後姿がかわいいと思います。
ミーティング
ミーティング。

今日の妄想。と拍手返信は、「続きを読む」をクリック!
スポンサーサイト
2016.08.31 Wed l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、時間が経っても相変わらずイーグル大好き
しらたきです。

流行りのポケモンGO、やっています。
初期選択でゼニガメ、卵からヒトカゲ、捕まえてフシギダネと、
なんとか手元に御三家をそろえましたが、育てることができず
持て余しています。カメックスほしー!

ファミコンウォーズもこんな身近なゲームになったらいいですね~。
歩いてたら歩兵とソウグウ!!!
なんちて。占領しちゃう!

イーグルを攻略できるソシャゲあったら速攻課金するのにな。
どうやって攻略するかはホラ、アレ……
アレですよ。フフフ。

さて、今日の妄想。は追記をクリックしてお楽しみください。
アスカ編の続きで、キャンドル編になります。
スネークとイードミ
対空砲兵さんのリクエストで、スネーク。
イードミを足してごめんなさい。

2016.08.06 Sat l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりです。しらたきです。元気です。
久しぶりってレベルではないですね。うふ。
多忙な日々を送っておりますが、今もイーグルに萌えてます。
この表現も古いなあwww

このあいだ、ものすごい久しぶりにDSウォーズのトライアルをプレイして
うわー、日数が超短縮できたし、全滅数も少ないや、やったね!
と思ったら、パワーが全然足りなくて286くらいを叩き出しました。

あー、パワーね。そんな数値もあったよね。
2回目で満点とれてよかったです。
ラビットトウでした。
イーグルの顔が見たくて、敵陣にイーグルのいるマップをついやってしまう。

そんなわけで、今日の妄想です。
長いので畳むことにしました。「続きを読む」をクリック。

本日のイラスト。
グリーンアース軍バンド。
グリーンアース軍バンド。
たぶん見ておられないと思いますが、重装の爆撃機さんのリクエスト、
グリーンアース軍のバンドです。
長い時間かけてごめんなさい。

キャラ個別で描いたので、個別バージョンを見たい方は
「続きを読む」をクリック。
よろしくお願いいたします。


2016.07.24 Sun l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
くそォ!
モンハン3rdやってやがるのはオマエか! オマエか!!
できねんだよ!
やれねんだよ!

冬コミ原稿が終わったらたっぷり相手してやるから首洗って待ってろ!!
目下作業中1
……こんばんは、しらたきです。
いよいよ作業がいっぱいいっぱいになってきました。

新刊「MEMORY WARS Another Ending」の表紙はこんな雰囲気です。
目下作業中2
これから塗ります……。

それでは。

ええと、だいぶ遅くなってしまいましたが、
今日の妄想。キャット編、完結です。どうぞ。





今日の妄想。番外編!
イーグル+女性キャラで妄想してみよう。

act4「キャット編」つづきのつづき。




沈黙のまま10分が過ぎた。

ハンナと連絡をとったキャットいわく、警備会社の担当員が到着するまで、
俺たちはこのまま過ごさなければならないらしい。
耳障りな警報音がずっと鳴っている。キャットがもくもくとやっている携帯型
ゲーム機の音も不快だ。
俺の苛立ちは増すばかりだった。今日はろくなことがない。

「そういえばさあ」
座り込んでいるキャットが突然話しかけてきた。
「どうして写真展から逃げたの」
「逃げたわけではない」
「でも、あたしより先に出てきてた」
「入る気がおきなかっただけだ。貴様は逃げたのかもしれんが、俺は違う」
俺は横目でキャットを見た。視線はゲーム機から離れていない。
「あたしと同じよ」
「違う」
「見たくもないものから逃げたんでしょ」
眼が合った。しばらく睨み合う。
俺のどこかで何かが煮えたぎった。だが、同時に考えたくもない思いが出てくる。
似ているのだ。

「あっ、やばいっ」
キャットが再びゲーム機に目を落として硬直が解けた。
「あーあ。なんでこんなとこ来ちゃったのかなあ~」
ほぼ同時に、同じ言葉を思い浮かべていた。
「アンタも、ハンナに騙されてたんだっけ。キャハッ」
ため息をつきながら腕時計を見た。俺の返事を待たずにキャットはしゃべり続ける。
「まったくハンナに付き合うと、ろくなことになんないよね~」
同感だな、と心の中で答えた。

沈黙が戻る中で、ふと、逃げた、という単語に引っかかりを感じた。エレベーターの
前で泣き出したキャットの姿を思い起こす。
俺は逃げたわけじゃない。あの場にいるのが気に食わなかっただけだ。
なぜハンナは、わざわざ俺を騙してまで、あの写真展に連れてきたのだろう。
カメラに気を使った数週間。あの頃のグリーンアースの匂いが甦る。

エレベーターから解放されたのは、それから15分後だった。


「イーグル!」
俺たちを出迎えたのは、ハンナだけではなかった。無精ひげの痩せた男。
「ああ。こんなことになって申し訳ない。会えて本当に嬉しいよ。あのとき、キミの
 機嫌を損ねてしまったのがずっと気がかりで」
以前よりもこけた頬が不健康にやつれた印象を抱かせたが、眼に宿るものは
あの時となんら変わりない鋭さを持っていた。写真家にしておくのは惜しいくらいだ。

「あの頃よりも少し、背が伸びたかな?」
俺に対する態度も変わらない。
「おいハンナ。なぜこんなことをしたんだ?」
「あら。キャットには、きちんと親睦会だって、言ったのよ」
「げええ」
携帯型ゲーム機と黙って向かい合っていたキャットが、ロビーのソファから飛び
上がる勢いで声を出した。
ハンナがくすりと笑った。
「私たちの親睦会は、これからが本番よ」
「マジ?」
「彼の話は、あなたのためになるわよ。セッティングもしてあるわ」
「げげ」
ふいにキャットと眼が合ったので、視線をそらした。写真家はにこにこ笑っている。

やはり俺たちは、ハンナに騙されたのだ。
だが、こうでもされなければ、あの写真展に行くことはなかったとも思う。
「さあ移動しようか。僕の部屋へ案内するよ。キミに見て欲しい写真があるんだ」
俺も逃れることはできなそうだな。
浮かんだ様々な思いを抱えた結果、俺から出たのはこの一言だった。
「フン」






おしまい


イーグルと相性の悪いキャットは、絡ませるのがなかなか難しい素材ですが
共通点は多々あるんですよね。妄想して楽しかったです。
書き上げるまでに長く時間をかけてしまって申し訳ないです。


次回!

今日の妄想。番外編!
イーグル+女性キャラで妄想してみよう。
act5は「アスカ編」の予定です。


では作業に戻ります……
ねみぃ


追記で拍手返信。
2010.12.04 Sat l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログ2日連続更新ッ! いえーいw

こんばんはー。
GBWA1「おおいなるつばさ!」のイーグルタンの台詞が見たいけれど
「特殊部隊長ドミノ」でセーブデータをキープしているため
なんだかんだで結局は「特殊部隊長ドミノ」を1回プレイして
満足して電源を消す、しらたきです。

あーもう。会話を記録した写真データどこやっちゃったんだろうw
ウガー!! 私のバカー!
何にも見ていないのに、このステージだけサクテキで隠れた
イーグルのユニットを覚えてきちゃってるよ……私……。
これが愛なの!? 愛のチカラなのォ!?





今日の妄想。番外編!
イーグル+女性キャラで妄想してみよう。

act4「キャット編」




雑踏の中で、イーグルの背中を見失いそうになった。

人でごちゃごちゃになったスクランブル交差点。漂う汗の匂いにうんざりする。
このままバックレちゃおうかな、と思った瞬間、ハンナがあたしの手をとった。
子供扱いはやめてよ。きもちわるいっ。

あたしはその手を振りほどいて、早足でイーグルを追いかけた。
そんなにあたしが嫌いなら、このまま置いて行っちゃえばいいのに。
そうすればあたしもラクなのに。
イーグルは雑居ビルの前で立ち止まって、あたしたちを待っていた。

なんでこんなことになってるんだっけ。ああ、そうだ。曖昧な返事をしたからだ。


「あなたを連れて行きたいの。親睦会をかねて」
ハンナがそう言い出したとき、あたしはゲームをやっていた。
買ったばかりのシミュレーションRPG。ファンタジー世界にいる主人公たちは、
神殿から盗まれた秘法を取り戻す旅をしている。
「一緒に行きましょう。美味しいランチの予約もしてあるわ」
「あー。うんうん」
行き先も聞かないまま、日取りが決まってしまった。


イーグルも一緒だと知ったのは待ち合わせ場所に着いてからで、マイペースな
ハンナと、無口なイーグルの間で、あたしは途方にくれた。
いつまでも携帯でネットしているだけじゃ間が持たなくて、仕方なくハンナの
「今日は暑いわねぇ」とか「あら、あのお店無くなっちゃったのね」とかいう
呟きに付き合ってしまった。

ランチをしたレストランはハンナの行き着けの店らしかった。
ビーフシチューオムライスを食べている間もイーグルは何も喋らなかった。

嫌われていることは知っている。でもそれもしょうがないとあたしは思う。
それだけのことをあたしはやったんだし、イーグルが怒る気持ちも今なら少しだけ
分からないでもないから。
「過ぎたことよ」なんてハンナは言ったけど、イーグルはまだ割り切れてない。
時々、あの時の夢を見る。
あのころのあたしは、街を壊すことが楽しいことだと思い込んでいた。


「ここよ。このビルに間違いないわ」
ハンナが指差したのは、いかにも現代風のピカピカ光っている大きなビルだった。
回転扉をくぐると、クーラーの涼しい空気が身体を冷やした。
店舗とオフィスが入り混じっているらしいこの大きなビルは、休日のせいなのか
ヒトがまばらで、怖いくらいに静まり返っていた。ズラリと並んだエレベーターの
数が大げさに思える。
「11階よ」
ハンナの指示を聞いて、イーグルがボタンを押した。
扉が閉まる直前に会社員風の背広男が乗り込んできて、あたしたちの沈黙は
いっそう深まった。男は8階で降りていった。

11階です、という機械的な声がして、扉が開いた。真っ先にハンナが降りた。
あたしは降りてすぐ目の前にあった案内板に目がいった。
白いボードの案内板には大きく「戦場写真展はこちらです」と書かれていた。

「あたし、帰る」
エレベーターに向き直すと、ハンナがまた、あたしの手を握った。
「だめよ」
「なんで。あたし、行きたくない」
「あなたは、もっといろんなものを見るべきなのよ。自分の目でね」
ハンナはあたしと同じようにして立ち止まっていたイーグルの顔を見た。
「あなたにも同じことが言えるわ」
チッ、と舌打ちするのが聞こえた。あたしは下を向いていた。

そのまま手を引かれて、フロアを進んだ。
硬い床にハンナのミュールがコツンコツンとフロアいっぱいに音をたてる。
「いらっしゃいませ」
声を聞いて、顔を上げた。
展示会の入り口には、瓦礫でぐちゃぐちゃになった建物の前で、ぼろ布を持って
笑っている小さな子供の写真が飾られていた。写真は白黒だった。崩れてボロボロ
になったレンガ。むき出しになった鉄筋。

あたしは、はじめて造ったラジオが壊れたときのことを思い出した。

組み立てたラジオの形が気に入らなくて、あたしは別の形に作り変えようと、
分解をしはじめた。早く次のステップにいきたくて、焦った手に、力が入って
しまった。小さなパーツがパキンと折れた。
もう元には戻らない。あたしは思い通りにいかなかったことよりも、自分で壊して
しまったことが悲しくて、たくさん泣いた。
次が上手くいけばいいとホークに言われて、あたしは別のものを造りはじめた。
そして、だんだんモノが壊れることに慣れていった。
街も同じだと思ってた。次が上手くいけばいい。


いくつかの写真を見た後、あたしは耐えられなくなって、ハンナの手を振りきって
中を駆け抜けた。フロアの奥にあった白いソファ風の椅子を見つけて、そこに
腰掛けた。心臓のどきどきが止まらなかった。
ハンナはあたしのあとをゆっくり追いかけてきた。
「やり方が汚いよ。こんな遠まわしなんてズルイ。バカじゃないの?」
「どうして」
「あたしを責めるなら、もっと直接言えばいいじゃん」
「あなたを責めてなんかいないわ」
嘘、と口ずさんで、ハンナを見つめた。

「キャット。あなたが、もし、あの写真たちを見て、そう思ったのなら、それは
 あなた自身がそういう風に思いたくなった、ということよ」
「意味分かんない」
その先は聞きたくなかった。

あたしは走ってそこから離れた。さっきのエレベーターの前まで行くと、そこに
イーグルが立っていた。






つづく



・・・

前フリが長くてスミマセン。
マイブーム斜線。pngなのがキズ。
最近のマイブームは斜線です。
jpgだと粗めなとこが出てしまうwので、pngにしなくちゃいけないのが
残念なところ。ちゃんとペン入れしなきゃダメなのかしら……。
色塗りも特殊にやってみたり。色々楽しいです。

ハンナ
ハンナさんは本を読んでるだけでセクシーだなあ。



追記で拍手返信。

2010.09.17 Fri l 今日の妄想 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。